第5問の傾向−大竹式センター英語攻略法

第5問の傾向



 平成19年度以前にもあった会話問題ですが、AとBの2つになったかわりに、1つの文が短くなりました。 長文が苦手な人には点数がとりやすくなりました。

 第4問、第6問の長文に比べると難易度が低く読みやすいので、ここの文章はスピーディーに正確に読み、点数を極力落とさないことが、全体の点数に大きく影響してきます。
 過去問演習は必ずやっておきましょう。


Copyright(C) 2008
大竹式センター英語攻略法

第5問の傾向−大竹式センター英語攻略法