第4問の傾向−大竹式センター英語攻略法

第4問の傾向



 第4問は以前はグラフの長文1つでしたがAとBができて、Aが今までどおりのグラフの長文、Bが広告の問題となりました。
 英語長文読解とは違った独特の問題形式のように見えますが、英語長文読解と対策は同じです。 過去問を勉強して出題形式に慣れておくと良いでしょう。

 段落ごとの内容、キーワードなどに注目すると英文の内容が把握しやすくなります。 Aは以前より長文の長さがかなり短くなり、長文が苦手な方でも解きやすくなりました。 Bに関しては平成19年度は広告でしたが、手紙などもこれから出題されていくでしょう。


Copyright(C) 2008
大竹式センター英語攻略法

第4問の傾向−大竹式センター英語攻略法