副詞節のまとめ−大竹式センター英語攻略法

副詞節のまとめ



 時や条件を表す副詞節とは、時や条件を表す接続詞が付いた副詞節のことを言います。 時や条件を表す接続詞は例えば、when/until/(時)、if/unless/(条件)などです。
 ここまで理解できたらもう大丈夫です。 あとはその副詞節の動詞が未来のことを表しても現在形にするだけです。

 ex:We will give up going to the park if it (?) tomorrow.

 1.will rain
 2.rain
 3.rains
 4.rained

 このように出題されます。 答えが分かりますか? 答えは3です。

 1を選んだ人は今回やったことが理解できていないので、しっかり復習しましょう。 2は主語がitなので三単現のsが付くはずです。 4は問題外です。

 if〜tomorrowまでが副詞節。 訳は「もし明日雨が降れば、私たちは講演に行くのをやめるだろう。」となります。 雨が降るかもしれないのは明日なので「未来」のことです。
 しかし、副詞節なので現在形にしなければなりません。 だから答えは3です。

 このように未来のことなのにわざわざ現在形を使うような例外ものがセンターではよく出ます。


Copyright(C) 2008
大竹式センター英語攻略法

副詞節のまとめ−大竹式センター英語攻略法