濁る発音と濁らない発音−大竹式センター英語攻略法

濁る発音と濁らない発音



 濁る発音と濁らない発音でよく出るのは、「s」の発音です。 「s」は単語によって「ス」と発音したり「ズ」と発音したりします。
 例えば、caseは「ス」です。 theseは「ズ」です。
 このように発音する部分のつづりは同じなのに発音が違うのでよく出されます。

 このような問題を解くには、日頃から「ス」と「ズ」の発音に敏感になっている必要があります。 よく分からないときは辞書で調べて、正しい発音をマスターして、実際自分で発音してみましょう。
 調べるだけではなかなか頭に入らないものですが、発音してみることで頭に残りやすくなります。


Copyright(C) 2008
大竹式センター英語攻略法

濁る発音と濁らない発音−大竹式センター英語攻略法